唇 荒れ 乾燥 リップ

ガサガサになる前にこまめに保湿

私の唇が荒れる理由はいつも決まっています。
まず冬の乾燥で唇がカサカサになり、それを剥いてしまうことで、どんどん唇が荒れてしまうんです。

 

私は会社でデスクワークをしているとき、口元に手を当てる癖があります。
仕事で企画書を書いている時や、作業が思うように進まないときなど、ストレスが溜まってきたときに、自然と手が口元にのびます。
そのときに唇が乾燥していると、そっちが気になってしまって、つい皮をむいてしまうんです。
「強迫性皮膚摘み取り症」という強迫症の1つらしいです。

 

唇の皮を剥いていると、剥きすぎて血がでることもあります。
そうすると、紅茶などを飲むと滲みるし血の味もしてしまうので、「ああ、やらなければよかった」と後悔するのですが、数日後にその皮が再生しはじめると、またそこが気になって剥くことを繰り返してしまいます。
負のループです。
ストレスがおさまるまで終わりません。
夏は唇が乾燥することがほとんどないので大丈夫なのですが、冬が近づくたびに憂鬱になっていました。

 

強迫性皮膚摘み取り症が続くと、唇がボロボロになるので、どんどん口紅が塗れなくなっていきます。
なぜかというと、口紅を塗ることで唇が少し潤い、それによって唇の皮がさらに剥けてしまうんです。
見た目も、唇にブツブツができたような状態になり、清潔感が全くなくなります。

 

そのため、一度口紅をティッシュなどで拭き取り、手で剥けかかった皮を取り除き、もう一度口紅を塗り直すということをしていました。
数千円する口紅なので、もったいないです。
それに、なかなか全ての皮を綺麗に剥くのは至難の業ですし、指に口紅がつくので、再度手を洗わなくてはならず、大きな時間のロスになります。
あと、皮を剥きすぎて血が出ることもよくあります。
痛いです。

 

それを改善するためには、当たり前のことと思われるかもしれませんが、まずリップクリームを塗ります。
毎日塗るものなので無添加のものをと思い、私はメンソレータムのリップベビーナチュラルを使っています。
安いものでもいいとは思うのですが、飲食後に体内に入ることを考えると、少しでも安心安全なものを使いたいと思ったからです。

 

リップクリームを塗った時に、すでに唇がカサカサになっている場合は、うるおいによってやはり唇の皮が剥けてしまうので、一度ティッシュなどで拭き取ります。
リップクリーム1回分がもったいないですが、口紅に比べると安価ですし、リップクリームの保湿力が高いので、ティッシュで拭き取っても潤いが少し残ります。
このあと口紅を塗るときは、リップクリームは塗り直しません。
私は口紅を塗らないときでも、塗り直さないことのほうが多いです。

 

口紅はスティックタイプではなく、グロスに近いやわらかいものを選んでいます。
私はAUBEの美容液ルージュを使っています。
「つけているほうが荒れにくい」というキャッチコピーがついている口紅なだけあって、保湿力は高いです。
それでいて色も可愛いしつけ心地もいいので、気に入っています。

 

最近は唇が荒れることもなくなり、痛い思いもせず快適に過ごしています。
来年の冬もこの方法で乗り切りたいと思っています。

関連ページ

色付きリップと鼻詰まりと唇の荒れ
色付きリップは唇が荒れてるときでもオシャレに一役も二役も買ってくれます!そんな体験談です
口紅のプレゼント体験談♪ブランド物の口紅だけど…
口紅のプレゼントってどうしましたか?ある女性の口紅のプレゼントに関する体験談です
1年中つけられる口紅の色と赤い口紅の印象について
1年中つけられる口紅の色と赤い口紅の印象についての感想です。